モンキーピーク あらすじとネタバレ

モンキーピーク あらすじ社員の団結を図るという名目で登山に来た製薬会社の一行。 大したことのないレクリエーションだと思われていたこの登山だったが、突如巨大な猿のような化け物に襲われ、一人また一人と殺されてしまう。 主人公の早乙女は過去のトラウマと戦いながらも、持ち前の正義感と人並み外れた体力で猿と対決する。しかし、仲間の裏切りや、安斎による拷問のような尋問など、内部でも険悪なムードが流れ始めてしまう。 社員たちが何人も殺されるが、猿によるものなのかそれとも内部の犯行なのかもわからず疑心暗鬼になるメンバーたち。 最終的に、猿を手引していたのは社員の長谷川と林で、黒幕はこの製薬会社の起こした薬害事件の被害者の会であった。 製薬会社の面々以外にも様々な人物が入り乱れる中、最後の戦いが始まるのであった。

続きを読む

BLAME!あらすじ

はるか古代から無限に広がり続ける都市をサイボーグである主人公霧亥(きりい)と少年が旅していました。しかし謎のサイボーグたちに少年は捕らえられ、霧亥が助けた時にはウィルスに感染させられて死亡しています。霧亥は下の階層からエレベーターで来た女性に少年の死体を渡し、上の階層のシステムが生きているため人がいるか探して来るように言われました。霧亥は上の階層を目指し歩いて行き、出会う人間にネットを接続できる人間、ウィルスに感染していないネット端末遺伝子を持つ者がいないか聞きますが誰も持っていないばかりか知りもしません。霧亥の銃、重力子放射線射出装置を武器に人間を襲う珪素生物やセーフガードのユニットと戦いながら進んで行きます。珪素生物とははるか昔に人間から分かれた新たな種族でシステムの混乱を拡大することを生存戦略としています。セーフガードは本来人間を守るためのシステムでしたが、ネット端末遺伝子がウィルスに汚染されたため、すべての人間を排除すべく活動しています。そして生電社という企業が支配する地でシボという女性の科学者に出会い、彼女が何をしても壊せなかったという階層を隔てる超構造体を霧亥の銃で穴を空けて2人で登っていきました。 その先はセーフガードのユニットが大量におり、その中の一人に霧亥は針を打ち込まれそのせいで体を思うように動かせなくなります。電基漁師の集団に出会い、途中で出会ったサナカンとともにそこに行くと、霧亥は網膜に移る文字や記号の意味が分かるようになっており、サナカンがセーフガードであることに気…

続きを読む

八神くんは今日もイジワル最終回ネタバレ!雫と楓の恋の行方は?!

雫と楓は色々な事を乗り越えて、再び付き合うことになりました。そんな今日は、デートにもってこいの良い天気です。雫は楓とカップルになったのが、まだ信じられないでいます。彼女は楓に指定された電車に乗り、彼のいる駅に向っていました。電車がホームに到着すると、楓が入ってきます。但し雫は久々に彼に会ったせいか、目も合わせられません。それでも彼女は、楓の側にいるだけで満足していました。二人が訪れたのは、デートスポットで人気の水族館です。二人は仲良く、館内を見て回っています。イルカのコーナーでは、雫がカメラで何枚も撮影していました。そうした様子を、楓は楽しそうに眺めています。雫もまた、楽しそうに笑う楓を見て、嬉しく感じるのでした。楽しくデートを続ける二人でしたが、雫は楓と手をつなぐタイミングをつかめないでいました。そんな時に楓に遊園地に行くと言われ、雫は慌てて頷きました。雫はアトラクションの列を見て、何か話題を探そうとします。そこで思いついたのは文化祭のことで、彼女は楓に何を見たか尋ねました。それに対して楓は、クラスの仲間と食べ歩きしていたと話します。殆どの出店を回った後は、体育館の方にいたと言います。それを聞いた雫は、楓と澪とのことを想い出しまして動揺しました。そんな彼女に気づいて、楓は慌てた様子で雫の話題に変えます。雫は文化祭を回りながら、つばさを待っていたと言います。そこで、彼女は仁科に会ったと言いますが、直ぐにはっとして話題を変えました。焦って話題を変えた雫が見せたのは、家族で行った水族館の写真です。…

続きを読む

人気記事